高度な質問 | Design Cube | リカオン株式会社

Design Cubeの高度な使い方に関するご質問はリカオン株式会社までお問い合わせください

Design Cubeでは、他外部サービスとの組み合わせにより様々な機能が実装できます。
このページでは、より専門的なサイトを構築する際の操作について説明しています。
Design Cubeの操作に関するご相談やご質問、お問い合わせはリカオン株式会社「お客様相談室」
0800-200-9680(受付時間 平日9:00~18:00)までお気軽にどうぞ。

他のパソコンで作成したデータの移行、編集をしたい。
サイトデータをインポートすれば、他のパソコンで作成されたDesign Cubeのサイトデータを編集できます。
ご注意
保存しているサイトデータがライセンスの上限に達している場合はインポートできませんのでご注意ください。一般的なライセンスで保存できるサイトデータの上限は3つまです。

トップ画面の[インポート]ボタンをクリック。

「PC からインポートする」を選択後、[参照]ボタンをクリックし、サイトデータファイルを指定します。
※エクスポートしたサイトデータファイルはzipファイルです。

サイトデータがインポートされ、完了画面が表示されます。
Google Analyticsを設定したい

まずGoogle Analytics用のトラッキングコードを用意します。
※トラッキングコードの取得は、Google Analyticsホームページを参照ください。

Desgin Cube起動後、【サイトを編集】⇒トラッキングコードを設置したいページを、サイトマップまたはその他ページから選択します。

Design Cubeの上部メニューから「オプション」⇒「中間ファイル」の編集を選択します。

表示されるソースのタグ直前に、事前に用意したトラッキングコードを挿入します。

※中間ファイルの編集により発生した不具合等に関しては、サポート致しかねます。予めご了承ください。

htmlを直接編集したい

Design Cubeでは、通常のモジュールを組み合わせる以外にも、ページのhtmlを直接編集することができます。
htmlの編集は、ツールバー【オプション】メニューの[中間ファイルの編集]を選択して行います。

※ご注意
通常は操作しないでください。
アプリケーションで表示できなくなることがあります。

サイトにどれくらいのアクセスがあったか知りたい

Design Cubeには「アクセス解析機能」が備わっています。
アクセス数・リンク元・キーワードなどの分析が可能です。

Design Cubeを起動し、分析したいサイトを選択後、「サイトを編集する」から編集画面を開きます。
画面上部メニューの「ツール」⇒【アクセス解析】をクリックすると、アクセス解析の管理パネルへのログイン画面が表示されます。

ログインの為の初期設定のIDとPASSは以下になっております。
ID:admin
PASS:passwd

変更をご希望の場合は、ログイン後、左部「設定」メニューの【管理者情報背一定】からご変更ください。

SEOの設定はできますか?

SEO設定は十分可能です。titleタグの設定やメタキーワード、ディスクリプションの設定などが可能です。

JavaScriptを記述する入力欄が用意されているため、Google AnalyticsやSearch Console(ウェブマスターツール)といったSEOに関するツールの利用も可能です。

ページの先頭へ